お知らせ


嗅覚障害、味覚障害についてのお知らせ

突然起こった嗅覚障害、味覚障害、匂いが分からなくなる、味がわからなくなるという症状が、コロナウィルス感染の初期症状の可能性がある、という報告が各国で出始めています。
ウィルスによる嗅覚障害は、あり得ますので、コロナウィルスの初期症状の可能性はあるかもしれない、と推測されます。
しかし、今、これらの症状で耳鼻科を受診なさっても、それがコロナウイルスによるかどうか、の診断はつきません。又、この症状だけでは 保健所や相談窓口に連絡しても、現状では、コロナウィルスの検査を受けることはできないと思われます。
イギリスでは、突然の味覚障害、嗅覚障害が起こった場合には、7日間の自宅待機が推奨されているとのことです。
もしかして、味覚障害、嗅覚障害では?と不安になったとしても、今、耳鼻咽喉科を受診して出来ることは、本当に嗅覚が障害されているかどうか?という検査くらいですし、そこで、嗅覚障害が起きている、と診断されたとしても、それがコロナウイルスによるものかどうかは判断できません。
さらに嗅覚障害は、発症後すぐに検査治療が必要なわけではなく、二週間程度経過を見ることが一般的です。
さらにもしコロナウイルスだとしても、現在は特効薬などの治療法はまだ開発されておらず、これから患者数が増えてくると、軽症の場合は、自宅待機になる可能性が高いと思われます。
当院では、嗅覚障害の検査、治療に取り組んできましたが、コロナウィルスの初発症状かもしれない、というご不安での受診に関しては、残念ながらできることがありません。

コロナウイルス感染症に関する東京都などの情報をご覧になり、落ち着いて、経過を見ていただくことが、身近な方々にとっても、ご自身にとっても大切だと思います。
経過中に、突然の味覚障害、嗅覚障害に加え、発熱、咳、鼻汁、などの症状が出てきた場合は、すぐに、コロナ相談窓口に連絡してください。
新型コロナ受診相談窓口
042-362-2334


心配な症状が出た時の対応や、感染の予防に関すること等は
新型コロナウイルス感染症が心配なときに(東京都ウェブサイト内)
一般相談窓口(新型コロナコールセンター)9時から21時まで(土、日、休日を含む)まで 
0570-550571





もろほしクリニック

2020/03/27






トップ